2016年02月27日

認定薬剤師取得のために利用するインターネット研修比較

今回の診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師」なんていうものが登場!
かかりつけ薬剤師になる条件で研修認定薬剤師取得なんていうのが出てきています。
(他の認定系もOKになるかは、国で詰めているところらしい?)

細かい条件は置いておき、研修認定薬剤師になるには40単位必要で、
私は、毎月ちょこちょこ講演会や学会に参加していた時期もあったので
地道に単位がたまり35単位既に持っています。

残り5単位は、今までやったことないインターネット研修(集合研修扱いになる)でも
受けてみようと思いました。

そして新たに急いで取らなくてはいけない同業者がスムーズに受講できるように
どのインターネット研修が良いか書きます。

下記のインターネット研修は、集合研修扱いになるので、制限なく一気に受講できます。
細かい理由は除く。自分で読んでください。
とりあえず上から3つがいっぱい講座があって、色々受講できます。
受講し放題で2万前後。
他のインターネット研修は、講座数が少ないけど、
興味がある講座があったらやってみたら良いかと思います。
http://www.jpec.or.jp/kenshu/jyukou/kenshunintei_internet.html

じゃあどのインターネット研修が良いか?
実際に登録したり受講した感想。

・インターネット薬剤師生涯教育講座(ファーマストリーム)
http://www.pharmastream.net/phs-wbt5/
登録画面で必要事項全部入れたのに登録できず。
Macでもwinでも出来ず。
問い合わせ電話番号も無いため、即却下。
共創未来グループ 東邦経由で申し込むと若干安くなる???みたい???
登録してないから内容は分からない。

・メディカルナレッジ(NPO法人医療教育研究所)
http://www.ime.or.jp/
画面が見やすいサイトだったので、私はこれにしました。
1年間講座無制限受講できるのが1万8千円。
私はそんなに単位が要らないので下のランクにしました。
30分で1講座。3講座1単位。
講座を見ている間に途中で止まったりすることはない。
講座が終わったら正誤問題が10問のテスト。
確認テストなので、点数は何点でもいい。
月末までにシール申請した分が来月送られてくるそう。
シール申請は手動で行う。見ただけじゃシールは送られてこない。

・薬剤師のためのe-ラーニング MPラーニング
https://www.mp-learning.com/
知人がここを登録しました。
登録する前に、電話問い合わせもスムーズに出来て
色々丁寧に対応してくださっていた。
私も1講座一緒に見させてもらった。
1講座30分。3講座1単位。月末に受講した分だけ計算されて
シールは翌月送ってきてくれるそうな。
講座数が多くて色々あって面白そう。
30分がトピックごとに10〜18個位に細分化されているので
トピックごとに「次の学習へ」をクリックしないと先に進めない。
なので、居眠りしていたりすると30分じゃ終わらない。
ただし「いったん終了」も選べて、そこまで学習した進捗記録が残るので、
次はその途中のトピックから見られるのはありがたい。

テストは、3択4択で難しい時もある。
資料BOXで大事なことがまとめられているのが良い感じ。


まとめ
インターネット研修だけで簡単に認定薬剤師取れるなんて〜とか
過去から地道にやってきた人から批判があるけど、
業務が忙しすぎて講演会なんか行っている暇が無い人が
多いのは事実だし、僻地に住んでいる方もいるし、
私なんか学会や講演会だと、ちんぷんかんぷんな内容の時もあるけど
(レベルが低いからwww)
自分の苦手ジャンルをインターネット研修で基礎から学べるのは
有りがたいと思いました。

私も過去から地道にやってきた人の一人だけど、
インターネット研修は、かなりコスパ良い勉強道具だと思いました。

日本薬剤師研修センターのeラーニングなんかも試しに受けたことあるけど、
あれより遥かにコスパ良くちゃんと学べた。

役に立ったという方はクリック
にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by たかぽん at 23:46| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
昨日、会社で来年3月でかなり医療関係、薬局関係は絞られていくときいた。薬局として生き残るためには、認定薬剤師必須、かかりつけはあたりまえ、在宅も必ずやる!だそうです。
かかりつけの24時間対応や、在宅の見とり、とかできるんだろうか?

取り合えず認定薬剤師は取らないといけない!
これからの薬剤師は現場や臨床がすべて?深く患者さんとか変わっていかなくてはいけない。もっと医学的知識と臨床検査知識が必須。
Posted by 匿名希望 at 2017年10月27日 06:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: